正しいサプリメント摂取方法

体にいいものだからって乱用は厳禁

トップページでも触れましたが、サプリメントが健康を補助するためのものだとしても一時間ごとに摂取したり、闇雲に何種類ものサプリメントを採るのは好ましくありません。サプリメントはその形状や摂取方法から薬としての認識も強くありますが、あくまでも補助食品であり薬ではないことを改めて覚えておくべきでしょう。サプリメントを摂取するにしても、個人単位で用法・容量に注意しておかなくては逆に体に害を与える可能性があります。このページではサプリメントを正しく摂取するための知識として、摂取方法と体に及ぼす効果についてご紹介します。

薬ではないサプリメント

サプリメントは何も万能薬のように全ての病気に効果があったり、すべての体調不良を改善するために摂取するものではありません。 サプリメントには食物から栄養素をエキスとして抽出してそれを固めたり粉末状にしたものを良くみかけますが、あくまでも食品であって薬ではないということを忘れてはいけません。人間ひとりひとりの体調や健康状態には違いがあるのですから、当然摂取巣するサプリメントにも違いがあります。そして人間の健康状態は毎日の睡眠時間や仕事上・人間関係などのストレスによる精神負担、肉体労働による体力的な問題、毎日の食生活によって大きく変動するものなので、これら様々な要因をサプリメントだけで解決するのは無理があります。サプリメントを摂取する目的は、各人に足りないと判断される栄養素を補充し、健康状態を保つための栄養バランスを崩さないためですから、サプリメントを摂取する時はまず自分にとって何が一番足りない栄養素なのかを調べる必要があります。

「サプリメントを採れば問題ない」と安易に考えている方もいますが、これは健康ブームである日本のみに見られる間違った考え方なので鵜呑みにしてはいけません。テレビやCM等でよくサプリメントを使ったダイエットなどが紹介されていますが、こういったサプリメントに関する情報が過剰になればなるほど間違った摂取をする人が増えているのです。確かにアメリカではサプリメントが医療品として効果があることが認められていますが、こと日本においては認められていないのが現状です。利便性の高い補助食品であるサプリメントに頼りすぎるのは返って危険だということを覚えておこう。

個人差を考えた栄養の摂取を

人間の体は思っているよりもずっとデリケートで、毎日の睡眠時間やストレス、毎日の食事と摂取している栄養などの要素が複雑に絡み合っています。 そのため、健康体を維持したいのであれば常に自然体でリラックスできるような生活を送り、毎日の食事で必要な栄養をバランス良く摂りながら睡眠時間もたっぷり取るのが一番です。しかしこれらの条件は理想論であり、健康的な生活を送ろうにも仕事や生活環境によっては維持するのが困難になります。その中でもサプリメントは食生活だけに重点を置いて現代人に不足しがちの栄養素を簡単に摂取できるように開発されたものなので、サプリメントを常用するだけでは睡眠やストレスなどの問題は解決されません。人それぞれ送っている生活の習慣や行動が違えば環境も違います。それゆえに各人の健康上は正にピンキリなので、一概に「このサプリメントを飲めばOK」とはいきません。

注目サイト

スカイグループのホームページ
http://www.sky-g.org/showroom/

最終更新日:2017/2/16